FavoriteLoadingお気に入りに追加

✅ 【モデルプレス=2020/10/17】TBS系金曜ドラマ「恋する母たち」(10月23日スタート/毎週金曜よる10時~/初回15分拡大)の制作発表会見が17日、都内にて開催され、主演の木村佳乃をはじめ、吉田羊、仲里依紗、藤原大祐、奥平大兼、宮世琉弥が出席した。◆木村佳乃、夫が失踪したシングルマザー演じる柴門ふみの人気作品を原作とする同作は、母たちの運命を描くラブストーリー。木村、吉田、仲が秘密と悩みを抱える母たちを演じ、同じ名門私立高校に通うそれぞれの息子役を藤原、奥平、宮世が担当する。夫が失踪したシングルマザー・石渡杏を演じる木村は、「杏さんみたいなタイプのお母さんはやったことがなかったので新鮮でした」といい、「仲がよかった夫がある日突然、会社からお金を横領していなくなってしまうという。杏は一度も就職したことがなくて、そこからどうにか就職活動をして、母一人息子一人で頑張っていくのです」と役柄を説明。MCから「その苦労を感じさせない前向きさを感じました」と声を掛けられると、後ろに座っていた息子役の藤原を振り返り、「それはもう息子が可愛いからですよ」とにっこり。藤原は照れながらお辞儀をしていた。仲が演じるタワーマンションに住むセレブ妻は、宮世が演じる18歳の息子と2人の娘を育てているという役柄。仲は、「自分の息子は7歳なのですが、18歳の子どもがいる役は本当に初めてなので。しかも、3人もいるということで、母性をちゃんと画面で出せるかどうか。借りてきた猫みたいにならないように、母親として、息子だったり、娘2人に向き合えるかどうかを一生懸命、撮影しながら頑張っています」と初の試みに挑んでいる様子を明かした。◆木村佳乃、藤原大祐を絶賛トークでは、母親と息子を演じるそれぞれのペアに、お互いの印象に関する質問が飛び交った。藤原は最初のあいさつで、「こういう舞台は初めてです。たくさんのフラッシュを浴びたのは初めてで、だいぶ緊張しています」と初々しく語っていたが、母親役の木村は、「藤原君とライティングを待っているときに、セットに高校の教科書があったので一緒に読んだのですが、英語の発音がすごくいいです。『帰国子女じゃないよね?』と言うくらい上手でした。趣味はジャズピアノです。すごいと思いません!?」と満面の笑みを浮かべながら言葉に。藤原は「すごいハードルが上がっています!」と悲鳴を上げていたが、木村は「でも、本当にびっくりしました。一緒に教科書を読んで」と声を弾ませていた。吉田は、息子役の奥平を「ストイックなんですよね」といい、「撮影で与論にロケに行ったのですが、その時に奥平君は、出番が少なくて、ほとんどお休みだったのですが、引きこもりの役なので外で遊ぶと焼けてしまうじゃないですか。もすごい暑かったのですよ。焼けちゃうから一切外に出ず、ホテルの部屋でずっと、(吉田演じる妻の夫役の)矢作(兼)さんが勧めた映画を観てたの。それくらい役に対して誠実でストイックな俳優さんです。偉いですよね」とエピソードを交えながら奥平を絶賛。「私なんか仕事で行ったのに、水着を持って行って泳いじゃいましたから(笑)」とオチを付けて、笑いを誘った。◆仲里依紗、サプライズに感激イベントでは、翌日18日に31歳に誕生日を迎える仲を花で作ったケーキでお祝いするサプライズがあった。仲は驚き顔で「ホントに、ホントにありがとうございます。こんなに大勢の方にお祝いされて」と感謝。「31歳も頑張りたいと思います」と抱負を語った。(modelpress編集部)【Not Sponsored 記事】
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCX2SQV-FORyThggPDvrw2OQ?sub_confirmation=1
💖 #芸能・エンタメニュース
💖 Source: https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-829307/

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/20201017TBS1023101517.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/20201017TBS1023101517-225x150.jpgtsutomu恋する母たち✅ 【モデルプレス=2020/10/17】TBS系金曜ドラマ「恋する母たち」(10月23日スタート/毎週金曜よる10時~/初回15分拡大)の制作発表会見が17日、都内にて開催され、主演の木村佳乃をはじめ、吉田羊、仲里依紗、藤原大祐、奥平大兼、宮世琉弥が出席した。◆木村佳乃、夫が失踪したシングルマザー演じる柴門ふみの人気作品を原作とする同作は、母たちの運命を描くラブストーリー。木村、吉田、仲が秘密と悩みを抱える母たちを演じ、同じ名門私立高校に通うそれぞれの息子役を藤原、奥平、宮世が担当する。夫が失踪したシングルマザー・石渡杏を演じる木村は、「杏さんみたいなタイプのお母さんはやったことがなかったので新鮮でした」といい、「仲がよかった夫がある日突然、会社からお金を横領していなくなってしまうという。杏は一度も就職したことがなくて、そこからどうにか就職活動をして、母一人息子一人で頑張っていくのです」と役柄を説明。MCから「その苦労を感じさせない前向きさを感じました」と声を掛けられると、後ろに座っていた息子役の藤原を振り返り、「それはもう息子が可愛いからですよ」とにっこり。藤原は照れながらお辞儀をしていた。仲が演じるタワーマンションに住むセレブ妻は、宮世が演じる18歳の息子と2人の娘を育てているという役柄。仲は、「自分の息子は7歳なのですが、18歳の子どもがいる役は本当に初めてなので。しかも、3人もいるということで、母性をちゃんと画面で出せるかどうか。借りてきた猫みたいにならないように、母親として、息子だったり、娘2人に向き合えるかどうかを一生懸命、撮影しながら頑張っています」と初の試みに挑んでいる様子を明かした。◆木村佳乃、藤原大祐を絶賛トークでは、母親と息子を演じるそれぞれのペアに、お互いの印象に関する質問が飛び交った。藤原は最初のあいさつで、「こういう舞台は初めてです。たくさんのフラッシュを浴びたのは初めてで、だいぶ緊張しています」と初々しく語っていたが、母親役の木村は、「藤原君とライティングを待っているときに、セットに高校の教科書があったので一緒に読んだのですが、英語の発音がすごくいいです。『帰国子女じゃないよね?』と言うくらい上手でした。趣味はジャズピアノです。すごいと思いません!?」と満面の笑みを浮かべながら言葉に。藤原は「すごいハードルが上がっています!」と悲鳴を上げていたが、木村は「でも、本当にびっくりしました。一緒に教科書を読んで」と声を弾ませていた。吉田は、息子役の奥平を「ストイックなんですよね」といい、「撮影で与論にロケに行ったのですが、その時に奥平君は、出番が少なくて、ほとんどお休みだったのですが、引きこもりの役なので外で遊ぶと焼けてしまうじゃないですか。もすごい暑かったのですよ。焼けちゃうから一切外に出ず、ホテルの部屋でずっと、(吉田演じる妻の夫役の)矢作(兼)さんが勧めた映画を観てたの。それくらい役に対して誠実でストイックな俳優さんです。偉いですよね」とエピソードを交えながら奥平を絶賛。「私なんか仕事で行ったのに、水着を持って行って泳いじゃいましたから(笑)」とオチを付けて、笑いを誘った。◆仲里依紗、サプライズに感激イベントでは、翌日18日に31歳に誕生日を迎える仲を花で作ったケーキでお祝いするサプライズがあった。仲は驚き顔で「ホントに、ホントにありがとうございます。こんなに大勢の方にお祝いされて」と感謝。「31歳も頑張りたいと思います」と抱負を語った。(modelpress編集部)【Not Sponsored 記事】 💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCX2SQV-FORyThggPDvrw2OQ?sub_confirmation=1 💖 #芸能・エンタメニュース 💖 Source: https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-829307/ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。