FavoriteLoadingお気に入りに追加

香取慎吾(43才)が主演を務めるドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜22時~、テレビ東京系)が1月25日にスタートする。SNSトラブル専門の「警視庁指殺人対策室」で顔の見えない犯罪者=アノニマスと闘う捜査官たちの活躍を描くこのドラマ。その見どころについて、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが香取に話を聞いた。
* * *
芝居は苦手。仕事の中でいちばん難しい
山田:このところ、毎日のように『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)の最新情報が更新されて。すごく話題になっていますね。
香取:ありがとうございます。民放ドラマは5年ぶり? え? 『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』(テレビ朝日系)以来? へ~(しみじみ)。自分では、あんまり把握できてないんですよね。で、テレ東さんには33年ぶりに来ました。新しい社屋も初めてだったから、いろいろな場所を説明してもらいながらやった初日の衣装合わせやポスター撮りでは、すごくワクワクしました。『あぶない少年III』以来ということも皆さんから驚かれるんですけど、ぼく、小学生でしたからね。お芝居っぽくはやってましたけど、スケボーに乗ったりしてバラエティーみたいなカンジだったから、ドラマという印象はなかったです(苦笑)。
ぼくは“お芝居”は苦手で、いろんなお仕事をさせていただいているなかでも、いちばん難しいなって思ってしまうんです。ただ最近、お芝居でのぼくのスイッチの入り方を褒めてくださるかたがいらっしゃる。(稲垣)吾郎チャン(47才)も言ってたかな。だけどぼくからすると、事前の準備ができないタイプで、もう行き当たりばったりで「本番」って言われたら120%で、やるでしょ。それしかできないって言うと、「みんな、それができないんだから」って。
音楽とかアートとかは準備を詰めるところまで詰めてやってますし、放送作家のような役割を担っている『ななにー』(『7.2 新しい別の窓』・AbemaTV)でも、毎月トンデモない量の打ち合わせをしています。ブラッと商店街を歩くようなロケでも、なんでそんなに打ち合わせしてるんだろうと思うくらい、やってるんですけれど、お芝居の現場では完全に“お任せ”。ほんと、いちばん身を任せていますね。久々のこういうカンジを思いっきり楽しみたいなって思っています。それと、月曜夜10時という枠に関しては、ずっとその時間帯に番組をやらせてもらっていたので…、運命のようなものも感じているところです。 ニュース – 5年ぶり民放ドラマ主演の香取慎吾「月曜夜10時」に運命感じる

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/01/510.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/01/510-225x150.jpgtsutomuアノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~香取慎吾(43才)が主演を務めるドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜22時~、テレビ東京系)が1月25日にスタートする。SNSトラブル専門の「警視庁指殺人対策室」で顔の見えない犯罪者=アノニマスと闘う捜査官たちの活躍を描くこのドラマ。その見どころについて、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが香取に話を聞いた。 * * * 芝居は苦手。仕事の中でいちばん難しい 山田:このところ、毎日のように『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)の最新情報が更新されて。すごく話題になっていますね。 香取:ありがとうございます。民放ドラマは5年ぶり? え? 『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』(テレビ朝日系)以来? へ~(しみじみ)。自分では、あんまり把握できてないんですよね。で、テレ東さんには33年ぶりに来ました。新しい社屋も初めてだったから、いろいろな場所を説明してもらいながらやった初日の衣装合わせやポスター撮りでは、すごくワクワクしました。『あぶない少年III』以来ということも皆さんから驚かれるんですけど、ぼく、小学生でしたからね。お芝居っぽくはやってましたけど、スケボーに乗ったりしてバラエティーみたいなカンジだったから、ドラマという印象はなかったです(苦笑)。 ぼくは“お芝居”は苦手で、いろんなお仕事をさせていただいているなかでも、いちばん難しいなって思ってしまうんです。ただ最近、お芝居でのぼくのスイッチの入り方を褒めてくださるかたがいらっしゃる。(稲垣)吾郎チャン(47才)も言ってたかな。だけどぼくからすると、事前の準備ができないタイプで、もう行き当たりばったりで「本番」って言われたら120%で、やるでしょ。それしかできないって言うと、「みんな、それができないんだから」って。 音楽とかアートとかは準備を詰めるところまで詰めてやってますし、放送作家のような役割を担っている『ななにー』(『7.2 新しい別の窓』・AbemaTV)でも、毎月トンデモない量の打ち合わせをしています。ブラッと商店街を歩くようなロケでも、なんでそんなに打ち合わせしてるんだろうと思うくらい、やってるんですけれど、お芝居の現場では完全に“お任せ”。ほんと、いちばん身を任せていますね。久々のこういうカンジを思いっきり楽しみたいなって思っています。それと、月曜夜10時という枠に関しては、ずっとその時間帯に番組をやらせてもらっていたので…、運命のようなものも感じているところです。 ニュース - 5年ぶり民放ドラマ主演の香取慎吾「月曜夜10時」に運命感じるドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。