FavoriteLoadingお気に入りに追加

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCjWsfVZmfd2d4WsnlcyS0LQ?sub_confirmation=1
✍    俳優の窪田正孝(32)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は16日、第90話が放送され、ヒロイン・音(二階堂ふみ)の母・関内光子役を好演している女優の薬師丸ひろ子(56)が“魂の歌声”を披露。SNS上で反響を呼んだ。終戦を迎えた思いを讃美歌に込めたが、実は薬師丸自らのアイデア。主人公・古山裕一(窪田)が戦後に名曲「長崎の鐘」などを生む大きな背景となる今作最大のヤマ場の1つとなった今週第18週「戦場の歌」を締めくくる重要なシーン。薬師丸と、脚本も執筆したチーフ演出の吉田照幸監督(50)に舞台裏を聞いた。  インターネット上には「薬師丸さんの歌が朝から染みる」「薬師丸さんの朝ドラ歌唱シーンは語り継がれることでしょう。『あまちゃん』と『エール』」「今週のエールは毎日涙。今日は薬師丸ひろ子の歌声に涙」などの書き込みが相次いだ。  朝ドラ通算102作目。男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶり。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909―1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。  第90話は、1945年(昭20)6月、豊橋は空襲により市街地の7割が焼き尽くされた。そして、長かった戦争がようやく終わる。梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)は入院生活を続け…という展開。  <※以下、ネタバレ有>  一方、一足先に1人、故郷・福島から東京に戻った裕一は、かつて音の音楽教室の生徒で予科練に合格した弘哉(山時聡真)も戦死したことを母・トキコ(徳永えり)から告げられ、ショックを受ける。光子(薬師丸)は焼け跡の関内家の瓦礫に腰を下ろし、鎮魂歌のように賛美歌を歌う…。  薬師丸が披露したのは、讃美歌496番「うるわしの白百合」。復活祭の時などに歌われる。今週第18週「戦場の歌」の脚本も執筆したチーフ演出の吉田照幸監督(50)は「戦争に対する悔しさを光子さんに担っていただこう」と当初は「戦争の、こんちくしょう!こんちくしょう!」と唸りながら地面 …
💖 #芸能人, #芸能・エンタメ, #ニュース

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/unnamed-file-536.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/unnamed-file-536-225x150.jpgtsutomuエール💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/ 💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCjWsfVZmfd2d4WsnlcyS0LQ?sub_confirmation=1 ✍    俳優の窪田正孝(32)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は16日、第90話が放送され、ヒロイン・音(二階堂ふみ)の母・関内光子役を好演している女優の薬師丸ひろ子(56)が“魂の歌声”を披露。SNS上で反響を呼んだ。終戦を迎えた思いを讃美歌に込めたが、実は薬師丸自らのアイデア。主人公・古山裕一(窪田)が戦後に名曲「長崎の鐘」などを生む大きな背景となる今作最大のヤマ場の1つとなった今週第18週「戦場の歌」を締めくくる重要なシーン。薬師丸と、脚本も執筆したチーフ演出の吉田照幸監督(50)に舞台裏を聞いた。  インターネット上には「薬師丸さんの歌が朝から染みる」「薬師丸さんの朝ドラ歌唱シーンは語り継がれることでしょう。『あまちゃん』と『エール』」「今週のエールは毎日涙。今日は薬師丸ひろ子の歌声に涙」などの書き込みが相次いだ。  朝ドラ通算102作目。男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶり。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909―1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。  第90話は、1945年(昭20)6月、豊橋は空襲により市街地の7割が焼き尽くされた。そして、長かった戦争がようやく終わる。梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)は入院生活を続け…という展開。  <※以下、ネタバレ有>  一方、一足先に1人、故郷・福島から東京に戻った裕一は、かつて音の音楽教室の生徒で予科練に合格した弘哉(山時聡真)も戦死したことを母・トキコ(徳永えり)から告げられ、ショックを受ける。光子(薬師丸)は焼け跡の関内家の瓦礫に腰を下ろし、鎮魂歌のように賛美歌を歌う…。  薬師丸が披露したのは、讃美歌496番「うるわしの白百合」。復活祭の時などに歌われる。今週第18週「戦場の歌」の脚本も執筆したチーフ演出の吉田照幸監督(50)は「戦争に対する悔しさを光子さんに担っていただこう」と当初は「戦争の、こんちくしょう!こんちくしょう!」と唸りながら地面 ... 💖 #芸能人, #芸能・エンタメ, #ニュースドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。