FavoriteLoadingお気に入りに追加

冒頭は、「君の名は」の切ないメロディが流れ、心をつかまれますが、実は、昭和27(1952)年に始まった時は、三家族のありのままの生活を描く社会派ドラマだったということでした。

それが、なぜ、日本中が熱狂するほどの伝説的ラジオドラマになったかというのが今回のお話。

俳優が入院して、始まる夜8時半の4時間前から、台本の書き直しをする池田(菊田一夫の役)。そして、音楽をつけるためにでかける裕一(窪田正孝)。子供の物語を広げたら、子役がおたふく風邪にかかってこられない。代役もいなくて、どうしようもなく、体調とスケジュールが安定している真知子と春樹を中心にすることになりました。1回のすれ違いでは、ネタがすぐ尽きるので、「すれ違い続ける恋愛ドラマ」ということを池田が閃き、30分でストーリを書き直し。音を合わせる裕一は、「こういう状況だから、新しいものが生まれる」と、切羽詰まった中で、作品を生み出していくのを楽しんでいるかのよう。

プロってすごいなと思いましたが、ここまでのスゴサではないけれども、試験や〆切があって、そうすると力が集中して、思いもよらぬアイデアが生まれたり、能力が伸びるということに似ているなと思いました。

好きな仕事をしている製作者、声優さんと、充実したいい回でした。

#エール#朝ドラ#三味線#文化譜

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/Shamisen.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/Shamisen-225x150.jpgtsutomuエール冒頭は、「君の名は」の切ないメロディが流れ、心をつかまれますが、実は、昭和27(1952)年に始まった時は、三家族のありのままの生活を描く社会派ドラマだったということでした。 それが、なぜ、日本中が熱狂するほどの伝説的ラジオドラマになったかというのが今回のお話。 俳優が入院して、始まる夜8時半の4時間前から、台本の書き直しをする池田(菊田一夫の役)。そして、音楽をつけるためにでかける裕一(窪田正孝)。子供の物語を広げたら、子役がおたふく風邪にかかってこられない。代役もいなくて、どうしようもなく、体調とスケジュールが安定している真知子と春樹を中心にすることになりました。1回のすれ違いでは、ネタがすぐ尽きるので、「すれ違い続ける恋愛ドラマ」ということを池田が閃き、30分でストーリを書き直し。音を合わせる裕一は、「こういう状況だから、新しいものが生まれる」と、切羽詰まった中で、作品を生み出していくのを楽しんでいるかのよう。 プロってすごいなと思いましたが、ここまでのスゴサではないけれども、試験や〆切があって、そうすると力が集中して、思いもよらぬアイデアが生まれたり、能力が伸びるということに似ているなと思いました。 好きな仕事をしている製作者、声優さんと、充実したいい回でした。 #エール#朝ドラ#三味線#文化譜ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。