FavoriteLoadingお気に入りに追加

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC6ygkeCmEyWC0sSOZVR8eAQ?sub_confirmation=1
✍   女優の井上真央さん主演のNHK連続ドラマ「少年寅次郎」(総合、土曜午後9時)が10月19日スタートした。国民的映画シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代を描いた、山田洋次監督の小説「悪童(ワルガキ) 小説寅次郎の告白」(講談社)のドラマ化で、先日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた第1話試写終了後、報道陣の間で話題に上ったのが、寅次郎の幼少期を演じている子役・藤原颯音(はやと)君(9)。「寅さん」としてその名を知らない人はいないであろう、故・渥美清さんを想起させるルックスの持ち主で、昨晩のオンエアを見て「あれ、この子……」と思った視聴者も多かったはずだ。以前に演技経験こそあったものの、役が付いてのお芝居は今回がほぼ初という颯音君“発掘”の舞台裏に迫った。  ◇子役選びは最重要課題 入り口として求められた“渥美清さん似”のルックス  ドラマは、寅次郎出生の秘密から、戦争を挟んだ悪ガキ時代、そして最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つ14歳までの物語。脚本は、2017年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さんで、井上さんは寅次郎の育ての母・車光子を演じている。  寅次郎の幼少期として第1話から登場した颯音君は、2010年4月15日生まれの9歳。子供タレントの事務所に所属し、過去には朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年度前期)などにも出演しているが、このときは数いる子役たちの一人で、「少年寅次郎」では妹のさくら役を含む、600人規模のオーディションによって“発掘”された。  山田監督の小説をドラマ化するにあたり、子供の頃の寅次郎を、“渥美さん似”にするというアイデアが制作スタッフに確固としてあったというのも大きいが、それにしてもよく似ている。  颯音君を起用した一人で、制作統括の小松昌代さん(NHKエンタープライズ)は、「寅さんイコール渥美さん」という構図を、日本人の心の中に「実在の人物以上に、実在するから」とした上で、「そっくりそのまま“生き写し”とまでいかなくても、あの特徴的な目、あとは骨格が似ている子をとにかく選ぼうと思いました。そこはドラマの入り口でもあるので、“激似”まではいかなくても、渥美さんを想起できるというのが第一条件。山田監督にドラマ化の話を持っていったときも、開口一番、飛び出 …
💖 #19年秋ドラマまとめ, #少年寅次郎まとめ

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/10/NHK91019-2.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/10/NHK91019-2-225x150.jpgtsutomu少年寅次郎💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/ 💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC6ygkeCmEyWC0sSOZVR8eAQ?sub_confirmation=1 ✍   女優の井上真央さん主演のNHK連続ドラマ「少年寅次郎」(総合、土曜午後9時)が10月19日スタートした。国民的映画シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代を描いた、山田洋次監督の小説「悪童(ワルガキ) 小説寅次郎の告白」(講談社)のドラマ化で、先日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた第1話試写終了後、報道陣の間で話題に上ったのが、寅次郎の幼少期を演じている子役・藤原颯音(はやと)君(9)。「寅さん」としてその名を知らない人はいないであろう、故・渥美清さんを想起させるルックスの持ち主で、昨晩のオンエアを見て「あれ、この子……」と思った視聴者も多かったはずだ。以前に演技経験こそあったものの、役が付いてのお芝居は今回がほぼ初という颯音君“発掘”の舞台裏に迫った。  ◇子役選びは最重要課題 入り口として求められた“渥美清さん似”のルックス  ドラマは、寅次郎出生の秘密から、戦争を挟んだ悪ガキ時代、そして最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つ14歳までの物語。脚本は、2017年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さんで、井上さんは寅次郎の育ての母・車光子を演じている。  寅次郎の幼少期として第1話から登場した颯音君は、2010年4月15日生まれの9歳。子供タレントの事務所に所属し、過去には朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年度前期)などにも出演しているが、このときは数いる子役たちの一人で、「少年寅次郎」では妹のさくら役を含む、600人規模のオーディションによって“発掘”された。  山田監督の小説をドラマ化するにあたり、子供の頃の寅次郎を、“渥美さん似”にするというアイデアが制作スタッフに確固としてあったというのも大きいが、それにしてもよく似ている。  颯音君を起用した一人で、制作統括の小松昌代さん(NHKエンタープライズ)は、「寅さんイコール渥美さん」という構図を、日本人の心の中に「実在の人物以上に、実在するから」とした上で、「そっくりそのまま“生き写し”とまでいかなくても、あの特徴的な目、あとは骨格が似ている子をとにかく選ぼうと思いました。そこはドラマの入り口でもあるので、“激似”まではいかなくても、渥美さんを想起できるというのが第一条件。山田監督にドラマ化の話を持っていったときも、開口一番、飛び出 ... 💖 #19年秋ドラマまとめ, #少年寅次郎まとめドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。