FavoriteLoadingお気に入りに追加

野ブタをプロデュースの原作が実は結構暗い話だったってご存知でしたか?
物語の展開にも違いはありますが、衝撃的なのは オチ です。
今回は本当は暗い 野ブタ の 原作 を2分で紹介します。

<野ブタ。をプロデュースとは>
2005年10月15日から12月17日まで毎週土曜日の21:00 – 21:54に、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠において 亀梨和也 (主演)と 山下智久 の共演で放送された。
脚本は木皿泉が、音楽は池頼広が手掛けた。同枠で前クールに放映された『女王の教室』からの続投となる。トップクレジットは亀梨であり、山下のクレジットには特別出演の表記があった。ただし、当時スポーツ新聞で亀梨・山下のW主演と報じられ、エンディングクレジットも亀梨、山下の並列表記されている。そのような事情により後日W主演と誤解される事があるが、DVDボックスもトップクレジットが亀梨和也特別出演山下智久という記載があり、あくまでも亀梨の単独主演の作品である。また、 堀北真希 の出世作としても知られている。
『ザテレビジョン』誌主催の第47回ドラマアカデミー賞で最優秀賞作品等六部門を獲得。このドラマの登場人物である「修二と彰」はユニットとしてCDを発売し、その年のCD年間セールス1位に輝いている。
原作では男子であった「野ブタ」が女子に変更されている。そのことからストーリーの展開も大幅に変わり、原作に登場する人物もテレビドラマ版ではほとんど登場しない。また、彰はテレビドラマ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しない。
ドラマ版では「希望の持てるラストにしたい」という製作サイドの意向のもと、原作とは異なった世界観・ストーリー展開がなされている。毎回一話一話に何かしらのメッセージが含まれており、修二・彰・野ブタの3人が内面的な葛藤と成長を経験し、友情を育んでいく過程を描いている。そのため、中盤からクラスの間での人気取りから3人の間の関係に重点が置かれている。
いじめられっ子を修二がプロデュースする、というところは同じだが、小谷が女子高生という設定により女子としての魅力を高めるという方向のプロデュースが多い。最初単なる受けの良さや軽いノリで始まったプロデュース作戦から、三人それぞれの物事に対する思いが垣間見え、普遍的な教訓を感じ取る。小説では修二は常に物事を斜に構えて見る存在として描かれているが、ドラマでは冷たいように見えて人が好きで、他の人を気遣いすぎるあまり愛想よく表面的に振舞ってしまうという性格設定がなされている。そんな修二が野ブタのプロデュースを通して自分を見つめなおすという方向で話を進めている。
2020年4月11日から開始予定であった『未満警察 ミッドナイトランナー』の放送開始延期を受けて、同日から5月16日まで、土曜日22:00 – 22:54枠で6週連続の「特別編」として放送予定。4月18日の放送内では、亀梨・山下からの緊急メッセージも挿入して放送された。

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/unnamed-file-205.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/unnamed-file-205-225x150.jpgtsutomu野ブタをプロデュース野ブタをプロデュースの原作が実は結構暗い話だったってご存知でしたか? 物語の展開にも違いはありますが、衝撃的なのは オチ です。 今回は本当は暗い 野ブタ の 原作 を2分で紹介します。 <野ブタ。をプロデュースとは> 2005年10月15日から12月17日まで毎週土曜日の21:00 - 21:54に、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠において 亀梨和也 (主演)と 山下智久 の共演で放送された。 脚本は木皿泉が、音楽は池頼広が手掛けた。同枠で前クールに放映された『女王の教室』からの続投となる。トップクレジットは亀梨であり、山下のクレジットには特別出演の表記があった。ただし、当時スポーツ新聞で亀梨・山下のW主演と報じられ、エンディングクレジットも亀梨、山下の並列表記されている。そのような事情により後日W主演と誤解される事があるが、DVDボックスもトップクレジットが亀梨和也特別出演山下智久という記載があり、あくまでも亀梨の単独主演の作品である。また、 堀北真希 の出世作としても知られている。 『ザテレビジョン』誌主催の第47回ドラマアカデミー賞で最優秀賞作品等六部門を獲得。このドラマの登場人物である「修二と彰」はユニットとしてCDを発売し、その年のCD年間セールス1位に輝いている。 原作では男子であった「野ブタ」が女子に変更されている。そのことからストーリーの展開も大幅に変わり、原作に登場する人物もテレビドラマ版ではほとんど登場しない。また、彰はテレビドラマ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しない。 ドラマ版では「希望の持てるラストにしたい」という製作サイドの意向のもと、原作とは異なった世界観・ストーリー展開がなされている。毎回一話一話に何かしらのメッセージが含まれており、修二・彰・野ブタの3人が内面的な葛藤と成長を経験し、友情を育んでいく過程を描いている。そのため、中盤からクラスの間での人気取りから3人の間の関係に重点が置かれている。 いじめられっ子を修二がプロデュースする、というところは同じだが、小谷が女子高生という設定により女子としての魅力を高めるという方向のプロデュースが多い。最初単なる受けの良さや軽いノリで始まったプロデュース作戦から、三人それぞれの物事に対する思いが垣間見え、普遍的な教訓を感じ取る。小説では修二は常に物事を斜に構えて見る存在として描かれているが、ドラマでは冷たいように見えて人が好きで、他の人を気遣いすぎるあまり愛想よく表面的に振舞ってしまうという性格設定がなされている。そんな修二が野ブタのプロデュースを通して自分を見つめなおすという方向で話を進めている。 2020年4月11日から開始予定であった『未満警察 ミッドナイトランナー』の放送開始延期を受けて、同日から5月16日まで、土曜日22:00 - 22:54枠で6週連続の「特別編」として放送予定。4月18日の放送内では、亀梨・山下からの緊急メッセージも挿入して放送された。ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。