FavoriteLoadingお気に入りに追加

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCvSIVKWnDKit6DALq2uS_bQ?sub_confirmation=1
✍   初回視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)から右肩上がりに視聴率を伸ばしている俳優の半沢直樹さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)。2013年に放送された前シリーズでは、半沢(堺さん)の名ぜりふ「倍返し」が「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。続編では、香川照之さん演じる大和田暁の「恩返しです!」「お、し、ま、い……です!」、市川猿之助さん演じる伊佐山泰二の「わびろ」といったせりふが早くも大きな話題となり、ドラマファンを沸かせている。第2話までに登場した“新名言”を振り返る。   ◇「倍返し」 7年ぶり再登場に視聴者歓喜   「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。最終回に42.2%という高視聴率を記録した大ヒット作だ。   新シリーズは、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化。東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。これまでのストーリーは、東京セントラル証券が、新興IT会社「スパイラル」の買収を画策する大手IT企業「電脳雑伎集団」からアドバイザー契約を申し込まれる。しかし、東京セントラル証券の親会社である東京中央銀行が、電脳雑伎集団とのアドバイザー契約を横取り。その後、東京セントラル証券がスパイラルとアドバイザー契約を結び、全面戦争に突入した……。   「半沢直樹」といえば、代名詞でもある「倍返しだ!」を聞きたかった視聴者も多いだろう。同行と電脳雑伎集団が契約を結ぶ計画を裏で糸を引いていたのが、伊佐山。尊敬していた大和田に土下座をさせた半沢に恨みを持つ伊佐山は、半沢がいる同証券会社に不良案件を処理させるなどの嫌がらせを強いた。随所に「倍返しだ!」が飛び出してもおかしくないシチュエーションはあったものの、半沢の口から出てくることはなかった。   しかし、同話のラストで、親会社に買収案件を横取りされたことに怒った半沢が伊佐山元へ乗り込むと、「やられたら、やり返す。倍返しだ!」とついに登場。SNSでは「倍返し、帰ってきた!」「半沢直樹、お帰り!」「とことん追い詰められての倍返しは、もはや様式美」といった声が …
💖

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/08/unnamed-file-16.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/08/unnamed-file-16-225x150.jpgtsutomu半沢直樹💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/ 💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCvSIVKWnDKit6DALq2uS_bQ?sub_confirmation=1 ✍   初回視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)から右肩上がりに視聴率を伸ばしている俳優の半沢直樹さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)。2013年に放送された前シリーズでは、半沢(堺さん)の名ぜりふ「倍返し」が「2013年ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。続編では、香川照之さん演じる大和田暁の「恩返しです!」「お、し、ま、い……です!」、市川猿之助さん演じる伊佐山泰二の「わびろ」といったせりふが早くも大きな話題となり、ドラマファンを沸かせている。第2話までに登場した“新名言”を振り返る。   ◇「倍返し」 7年ぶり再登場に視聴者歓喜   「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。最終回に42.2%という高視聴率を記録した大ヒット作だ。   新シリーズは、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化。東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。これまでのストーリーは、東京セントラル証券が、新興IT会社「スパイラル」の買収を画策する大手IT企業「電脳雑伎集団」からアドバイザー契約を申し込まれる。しかし、東京セントラル証券の親会社である東京中央銀行が、電脳雑伎集団とのアドバイザー契約を横取り。その後、東京セントラル証券がスパイラルとアドバイザー契約を結び、全面戦争に突入した……。   「半沢直樹」といえば、代名詞でもある「倍返しだ!」を聞きたかった視聴者も多いだろう。同行と電脳雑伎集団が契約を結ぶ計画を裏で糸を引いていたのが、伊佐山。尊敬していた大和田に土下座をさせた半沢に恨みを持つ伊佐山は、半沢がいる同証券会社に不良案件を処理させるなどの嫌がらせを強いた。随所に「倍返しだ!」が飛び出してもおかしくないシチュエーションはあったものの、半沢の口から出てくることはなかった。   しかし、同話のラストで、親会社に買収案件を横取りされたことに怒った半沢が伊佐山元へ乗り込むと、「やられたら、やり返す。倍返しだ!」とついに登場。SNSでは「倍返し、帰ってきた!」「半沢直樹、お帰り!」「とことん追い詰められての倍返しは、もはや様式美」といった声が ... 💖ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。