FavoriteLoadingお気に入りに追加

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCjWsfVZmfd2d4WsnlcyS0LQ?sub_confirmation=1
✍    秋ドラマが始まった。柴咲コウ(39)が主演し、遊川和彦氏(64)が脚本を書く「35歳の少女」(日本テレビ、土曜午後10時)が10月10日にスタートし、翌11日には妻夫木聡(39)の主演で東野圭吾氏(64)が原作者の「危険なビーナス」(TBS、日曜午後9時)が始まった。両ドラマとも話題作。どちらかが秋ドラマの覇者になるのか?  秋ドラマの話題作が2日続けてスタートした。初回の世帯視聴率は「35歳の少女」が11・1%で、「危険なビーナス」が同14・1%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。ともに上々の滑り出しだった。 「35歳の少女」の主人公は時岡望美(柴咲コウ)。10歳の時、自転車事故に遭い、ずっと昏睡状態だったが、25年が過ぎた今、奇跡的に意識を回復した。だから心は10歳で体は35歳。浦島太郎に近い。  だが、喜んでばかりはいられない。時の流れは冷酷だった。望美が眠っている間に母・時岡多恵(鈴木保奈美、54)と父・今村進次(田中哲司、54)は離婚。素直だった妹の時岡愛美(橋本愛、24)は刺々しい性格になってしまった。お互いに初恋の相手だった広瀬結人(坂口健太郎、29)は世を拗ねた嫌味な男になっていた。  25年も時が流れたのだから、十分あり得る話。けれど、望美はその現実を10歳の心でいきなり見せられたから、たまらない。子供のように泣く。いや、実際に内面は子供なのだ。  この場面は見ていて辛かった人も多いのではないか。どんな理由であろうが、子供が泣き叫ぶのを見るのは心痛い。柴咲が好演し、自分を10歳と思い込ませることに成功した表れでもあるだろう。  悲しい現実は両親の離婚だけではなかった。母・多恵は疲れ切っていた。望美の介護を一人でしてきた一方で、生計を立てるため、保険外交員として働き詰めだったからだ。おまけに今後の生活も不安だらけ。  父・進次は加奈(富田靖子、51)という女性と再婚したが、連れ子の達也(竜星涼、27)は引きこもり。暴力もふるうらしい。進次は達也に怯えながら暮らしている。  愛美は広告代理店で働き、仕事も出来るものの、性格に難があるらしく、恋人が次々と去っていく。だから孤独だ。結人は望美の進言に沿い、希望を胸に抱いて小学校教師になったが、ある事件がきっかけとなって辞めてしまった。  望美が昏睡状態に入る前にはみんな幸せだった。けれど25年が …
💖 #芸能人, #芸能・エンタメ, #ニュース

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/35-7.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/35-7-225x150.jpgtsutomu危険なビーナス💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/ 💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCjWsfVZmfd2d4WsnlcyS0LQ?sub_confirmation=1 ✍    秋ドラマが始まった。柴咲コウ(39)が主演し、遊川和彦氏(64)が脚本を書く「35歳の少女」(日本テレビ、土曜午後10時)が10月10日にスタートし、翌11日には妻夫木聡(39)の主演で東野圭吾氏(64)が原作者の「危険なビーナス」(TBS、日曜午後9時)が始まった。両ドラマとも話題作。どちらかが秋ドラマの覇者になるのか?  秋ドラマの話題作が2日続けてスタートした。初回の世帯視聴率は「35歳の少女」が11・1%で、「危険なビーナス」が同14・1%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。ともに上々の滑り出しだった。 「35歳の少女」の主人公は時岡望美(柴咲コウ)。10歳の時、自転車事故に遭い、ずっと昏睡状態だったが、25年が過ぎた今、奇跡的に意識を回復した。だから心は10歳で体は35歳。浦島太郎に近い。  だが、喜んでばかりはいられない。時の流れは冷酷だった。望美が眠っている間に母・時岡多恵(鈴木保奈美、54)と父・今村進次(田中哲司、54)は離婚。素直だった妹の時岡愛美(橋本愛、24)は刺々しい性格になってしまった。お互いに初恋の相手だった広瀬結人(坂口健太郎、29)は世を拗ねた嫌味な男になっていた。  25年も時が流れたのだから、十分あり得る話。けれど、望美はその現実を10歳の心でいきなり見せられたから、たまらない。子供のように泣く。いや、実際に内面は子供なのだ。  この場面は見ていて辛かった人も多いのではないか。どんな理由であろうが、子供が泣き叫ぶのを見るのは心痛い。柴咲が好演し、自分を10歳と思い込ませることに成功した表れでもあるだろう。  悲しい現実は両親の離婚だけではなかった。母・多恵は疲れ切っていた。望美の介護を一人でしてきた一方で、生計を立てるため、保険外交員として働き詰めだったからだ。おまけに今後の生活も不安だらけ。  父・進次は加奈(富田靖子、51)という女性と再婚したが、連れ子の達也(竜星涼、27)は引きこもり。暴力もふるうらしい。進次は達也に怯えながら暮らしている。  愛美は広告代理店で働き、仕事も出来るものの、性格に難があるらしく、恋人が次々と去っていく。だから孤独だ。結人は望美の進言に沿い、希望を胸に抱いて小学校教師になったが、ある事件がきっかけとなって辞めてしまった。  望美が昏睡状態に入る前にはみんな幸せだった。けれど25年が ... 💖 #芸能人, #芸能・エンタメ, #ニュースドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。