FavoriteLoadingお気に入りに追加

「麒麟がくる」第28回「新しき幕府」について解説をしたいと思います。まず最初は、突然出てきた感じの室町幕府・政所執事の摂津晴門という人物で、財政を握っていることから力があり、織田信長もあなどれない存在でした。明智光秀とも大いにかかわっていくので、これから、どう描かれるか楽しみです。
次は、今回クローズアップされた「本国寺の戦い」について、そこに至るまでの背景および経緯を『信長公記』等によって読み解きます。
最後は、織田信長が新将軍・足利義昭のために新しく築いた二条城のことについて、詳細な地図等を用いてお話しいたします。

なお『信長公記』の引用部分で、斎藤右兵衛太輔竜興の「右兵衛」を「うえもん」と読んでおりましたが、正しくは「うひょうえ」ですので、ここに訂正いたします。

関連リンク
城びと「超入門!お城セミナー」第68回【歴史】京都の二条城はいくつもあったってどういうこと? https://shirobito.jp/article/809

#麒麟がくる
#摂津晴門
#二条城

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/28-2.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/28-2-225x150.jpgtsutomu麒麟がくる「麒麟がくる」第28回「新しき幕府」について解説をしたいと思います。まず最初は、突然出てきた感じの室町幕府・政所執事の摂津晴門という人物で、財政を握っていることから力があり、織田信長もあなどれない存在でした。明智光秀とも大いにかかわっていくので、これから、どう描かれるか楽しみです。 次は、今回クローズアップされた「本国寺の戦い」について、そこに至るまでの背景および経緯を『信長公記』等によって読み解きます。 最後は、織田信長が新将軍・足利義昭のために新しく築いた二条城のことについて、詳細な地図等を用いてお話しいたします。 なお『信長公記』の引用部分で、斎藤右兵衛太輔竜興の「右兵衛」を「うえもん」と読んでおりましたが、正しくは「うひょうえ」ですので、ここに訂正いたします。 関連リンク 城びと「超入門!お城セミナー」第68回【歴史】京都の二条城はいくつもあったってどういうこと? https://shirobito.jp/article/809 #麒麟がくる #摂津晴門 #二条城ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。