FavoriteLoadingお気に入りに追加

麒麟がくる:春風亭小朝“覚恕”に「これこそ怪演」の声 「盛大にこじらせ」「嫉妬の塊」…怒りの「返せ!」4連発…
 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第33回「比叡山に棲(す)む魔物」が11月22日に放送され、春風亭小朝さん演じる覚恕(かくじょ)が初登場。覚恕は、天台座主(比叡山延暦寺住持)で、坂東玉三郎さん扮(ふん)する正親町(おおぎまち)天皇の弟だ。幼少時より美しい兄に対してコンプレックスがあり、天台座主として金と権力で兄に対抗しようとする、その“こじらせ”ぶりと小朝さんの“怪演”が視聴者を引きつけた。 第33回は、四方を敵に囲まれ窮地に立たされる信長(染谷将太さん)。光秀(長谷川さん)は朝倉に和議を申し込むべく比叡山に陣を構える義景(ユースケ・サンタマリアさん)の元へ潜入。義景が頼る延暦寺の天台座主・覚恕と面会するが、覚恕は自分から領地や金を奪った信長を許さないと言い放つ。「あの都はわしの都じゃ。返せ! 返せ! 返せ! わしに返せ!」と……。 おのれの見た目の醜さに始まり、正親町天皇への嫉妬、金と権力への執着、そして信長に対する怒りを交えた、覚恕の一人語りは3分半にもわたった。 SNSでは「盛大にこじらせてる」「『この通り、見た目も醜い』と言わせる脚本家w」「兄が美しく神々しい存在なら、弟は醜く禍々(まがまが)しい存在」「嫉妬の塊」「小者を通り越して狂気」「金と権力の亡者感がすさまじい」などと視聴者は反応。さらには「これこそ怪演では」「小朝さん、めちゃくちゃうまいし、怖い」「小朝師匠いい演技だった」「小朝さん演技お上手(上から目線」「マジでこんなにうまかったっけ?」といった感想も並んだ。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。
***************************************************************************
動画はコンテンツベースの著作権法を使用でき、フェアユースの合理的な使用が含まれています(https://www.youtube.com/yt/copyright/)
他の電子新聞ページと提携することに非常に興奮しています。
私にメールを送ってください
ご覧いただきありがとうございます

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/4.......jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/11/4......-225x150.jpgtsutomu麒麟がくる麒麟がくる:春風亭小朝“覚恕”に「これこそ怪演」の声 「盛大にこじらせ」「嫉妬の塊」…怒りの「返せ!」4連発...  俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第33回「比叡山に棲(す)む魔物」が11月22日に放送され、春風亭小朝さん演じる覚恕(かくじょ)が初登場。覚恕は、天台座主(比叡山延暦寺住持)で、坂東玉三郎さん扮(ふん)する正親町(おおぎまち)天皇の弟だ。幼少時より美しい兄に対してコンプレックスがあり、天台座主として金と権力で兄に対抗しようとする、その“こじらせ”ぶりと小朝さんの“怪演”が視聴者を引きつけた。 第33回は、四方を敵に囲まれ窮地に立たされる信長(染谷将太さん)。光秀(長谷川さん)は朝倉に和議を申し込むべく比叡山に陣を構える義景(ユースケ・サンタマリアさん)の元へ潜入。義景が頼る延暦寺の天台座主・覚恕と面会するが、覚恕は自分から領地や金を奪った信長を許さないと言い放つ。「あの都はわしの都じゃ。返せ! 返せ! 返せ! わしに返せ!」と……。 おのれの見た目の醜さに始まり、正親町天皇への嫉妬、金と権力への執着、そして信長に対する怒りを交えた、覚恕の一人語りは3分半にもわたった。 SNSでは「盛大にこじらせてる」「『この通り、見た目も醜い』と言わせる脚本家w」「兄が美しく神々しい存在なら、弟は醜く禍々(まがまが)しい存在」「嫉妬の塊」「小者を通り越して狂気」「金と権力の亡者感がすさまじい」などと視聴者は反応。さらには「これこそ怪演では」「小朝さん、めちゃくちゃうまいし、怖い」「小朝師匠いい演技だった」「小朝さん演技お上手(上から目線」「マジでこんなにうまかったっけ?」といった感想も並んだ。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。 *************************************************************************** 動画はコンテンツベースの著作権法を使用でき、フェアユースの合理的な使用が含まれています(https://www.youtube.com/yt/copyright/) 他の電子新聞ページと提携することに非常に興奮しています。 私にメールを送ってください ご覧いただきありがとうございますドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。