FavoriteLoadingお気に入りに追加

青天を衝け, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4002741 / CC BY SA 3.0

#削除依頼中のページ
#提案があるページ
#大河ドラマ
#2021年のテレビドラマ
#大森美香脚本のテレビドラマ
#幕末を舞台としたテレビドラマ
#明治時代を舞台としたテレビドラマ
#埼玉県を舞台としたテレビドラマ
#茨城県を舞台としたテレビドラマ
#群馬県を舞台としたテレビドラマ
『青天を衝け』(せいてんをつけ)は、2021年(令和3年)2月14日から放送されているNHK大河ドラマ第60作。
「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一を主人公に、幕末から明治までを描く。
2019年(令和元年)9月9日に制作発表が行われ、題材・タイトルとともに脚本を連続テレビ小説『風のハルカ』『あさが来た』などを手がけた大森美香が担当し、主演を吉沢亮が務めることが発表された。
なお、吉沢亮は大河ドラマの主演俳優としては初の平成生まれである。
表題「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む)から取られた。
発表会見において、制作統括の菓子浩は「今の閉塞感が感じられる時代だからこそ、大きな時代のうねりを描きたいと思って、幕末から明治を題材に選んだ」と説明し、さらに大森も「得意とされている時代」だとした上で、「時代が動く変革の時期を描きたいと思った。他の時代も考えたが、早い段階で幕末に絞ってた」とコメントした。
また、菓子は「渋沢は主役候補に挙がっていたが、一万円札の肖像に決まったという発表が後押しになった」と新紙幣の肖像に決定したことも理由の1つであるとした。
2020年12月4日、番組公式ホームページを開設、番組メインビジュアルを公開し、公式ツイッターも始動した。
前作『麒麟がくる』が新型コロナウイルスの影響などで放送日程が大幅に変更されたため、本作はNHK大河ドラマとしては史上初めて2月放送開始の作品となった。
2021年6月23日、東京五輪・パラリンピック期間中の7月25日から9月5日までの計5話分の放送を休止することが発表された。
幕末の武蔵国・血洗島村。
藍玉作りや養蚕を生業とする農家に生まれた渋沢栄一は、剛情っぱりだが、おしゃべりで利発な少年。
同じころ、水戸藩主・徳川斉昭は軍事訓練を行ったことで、幕府から隠居を命じられるが、英邁と評判の子息・七郎麻呂に御三卿の一橋家への養子の話が持ち上がる。
1847年、七郎麻呂は江戸城に入り徳川慶喜を名乗る。
成長した栄一は農家の仕事を務めながら、尾高惇忠の道場で剣術を学ぶ。
開国、桜田門外の変と世の中がめまぐるしく変わる中、栄一は尊王攘夷思想にのめりこむ。
栄一たちは横浜の外国人居留地に火をつけ、幕府を転覆する横浜焼き討ちを計画。
だが、尾高長七郎の必死の説得で断念する。
栄一といとこの渋沢喜作は、江戸で平岡円四郎に出会い、一橋家の家臣に誘われる。
1862年(文久2年)、慶喜は将軍後見職となり、翌年には宮中を守るため京に移る。
栄一と喜作も世の中を変えたいという思いから、家を出て京へ向かう。
京についた栄一と喜作は平岡円四郎を訪ねる。
円四郎のはからいで二人は一橋家臣となり、渋沢篤太夫、渋沢成一郎と名を改める。
渋沢・中の家 渋沢・新屋敷 渋沢・東の家 尾高家 慶喜と家族 平岡家 慶喜の配下 徳川将軍家 幕閣 川路家 幕臣・女中 水戸徳川家 水戸藩士 天狗党 岡部藩 福井藩 薩摩藩 長州藩 諸侯 諸藩士たち 皇室 公家 血洗島近在の人々 江戸の人々 一橋領近在の人々 アメリカ合衆国 イギリス帝国 フランス 深谷大河ドラマ館

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/unnamed-file-1.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/unnamed-file-1-225x150.jpgtsutomu青天を衝け青天を衝け, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4002741 / CC BY SA 3.0 #削除依頼中のページ #提案があるページ #大河ドラマ #2021年のテレビドラマ #大森美香脚本のテレビドラマ #幕末を舞台としたテレビドラマ #明治時代を舞台としたテレビドラマ #埼玉県を舞台としたテレビドラマ #茨城県を舞台としたテレビドラマ #群馬県を舞台としたテレビドラマ 『青天を衝け』(せいてんをつけ)は、2021年(令和3年)2月14日から放送されているNHK大河ドラマ第60作。 「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一を主人公に、幕末から明治までを描く。 2019年(令和元年)9月9日に制作発表が行われ、題材・タイトルとともに脚本を連続テレビ小説『風のハルカ』『あさが来た』などを手がけた大森美香が担当し、主演を吉沢亮が務めることが発表された。 なお、吉沢亮は大河ドラマの主演俳優としては初の平成生まれである。 表題「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む)から取られた。 発表会見において、制作統括の菓子浩は「今の閉塞感が感じられる時代だからこそ、大きな時代のうねりを描きたいと思って、幕末から明治を題材に選んだ」と説明し、さらに大森も「得意とされている時代」だとした上で、「時代が動く変革の時期を描きたいと思った。他の時代も考えたが、早い段階で幕末に絞ってた」とコメントした。 また、菓子は「渋沢は主役候補に挙がっていたが、一万円札の肖像に決まったという発表が後押しになった」と新紙幣の肖像に決定したことも理由の1つであるとした。 2020年12月4日、番組公式ホームページを開設、番組メインビジュアルを公開し、公式ツイッターも始動した。 前作『麒麟がくる』が新型コロナウイルスの影響などで放送日程が大幅に変更されたため、本作はNHK大河ドラマとしては史上初めて2月放送開始の作品となった。 2021年6月23日、東京五輪・パラリンピック期間中の7月25日から9月5日までの計5話分の放送を休止することが発表された。 幕末の武蔵国・血洗島村。 藍玉作りや養蚕を生業とする農家に生まれた渋沢栄一は、剛情っぱりだが、おしゃべりで利発な少年。 同じころ、水戸藩主・徳川斉昭は軍事訓練を行ったことで、幕府から隠居を命じられるが、英邁と評判の子息・七郎麻呂に御三卿の一橋家への養子の話が持ち上がる。 1847年、七郎麻呂は江戸城に入り徳川慶喜を名乗る。 成長した栄一は農家の仕事を務めながら、尾高惇忠の道場で剣術を学ぶ。 開国、桜田門外の変と世の中がめまぐるしく変わる中、栄一は尊王攘夷思想にのめりこむ。 栄一たちは横浜の外国人居留地に火をつけ、幕府を転覆する横浜焼き討ちを計画。 だが、尾高長七郎の必死の説得で断念する。 栄一といとこの渋沢喜作は、江戸で平岡円四郎に出会い、一橋家の家臣に誘われる。 1862年(文久2年)、慶喜は将軍後見職となり、翌年には宮中を守るため京に移る。 栄一と喜作も世の中を変えたいという思いから、家を出て京へ向かう。 京についた栄一と喜作は平岡円四郎を訪ねる。 円四郎のはからいで二人は一橋家臣となり、渋沢篤太夫、渋沢成一郎と名を改める。 渋沢・中の家 渋沢・新屋敷 渋沢・東の家 尾高家 慶喜と家族 平岡家 慶喜の配下 徳川将軍家 幕閣 川路家 幕臣・女中 水戸徳川家 水戸藩士 天狗党 岡部藩 福井藩 薩摩藩 長州藩 諸侯 諸藩士たち 皇室 公家 血洗島近在の人々 江戸の人々...ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。