FavoriteLoadingお気に入りに追加

ドラマ「桜の塔」第4話

高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こすよう裏で誘導したのが、元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だったことを知った漣が、刈谷の真意を直撃。漣の父親代わりであり、情報屋としても漣の出世のために暗躍してきた刈谷から「お前の親父さんは、本当に殺された」と23年前の秘密を告白されたのをきっかけに、23年前の父の事件との因果関係が疑われる「薩摩派」派閥のトップの警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)にバトルを仕掛ける“衝撃展開”へと発展していく。

橋本じゅんさん、「コイプ二」での主人公のおじ様役でのとぼけた感じもよく、ここ最近のドラマにはよく登場し、それぞれの作品でいい味を出してる。
それは置いて、玉木宏さんと吉田鋼太郎さんとのやり取りが楽しみです。

#吉田鋼太郎
#桜の塔
#作業用BGM
#著作権フリーBGM

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/BGM4-2.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/BGM4-2-225x150.jpgtsutomu桜の塔ドラマ「桜の塔」第4話 高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こすよう裏で誘導したのが、元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だったことを知った漣が、刈谷の真意を直撃。漣の父親代わりであり、情報屋としても漣の出世のために暗躍してきた刈谷から「お前の親父さんは、本当に殺された」と23年前の秘密を告白されたのをきっかけに、23年前の父の事件との因果関係が疑われる「薩摩派」派閥のトップの警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)にバトルを仕掛ける“衝撃展開”へと発展していく。 橋本じゅんさん、「コイプ二」での主人公のおじ様役でのとぼけた感じもよく、ここ最近のドラマにはよく登場し、それぞれの作品でいい味を出してる。 それは置いて、玉木宏さんと吉田鋼太郎さんとのやり取りが楽しみです。 #吉田鋼太郎 #桜の塔 #作業用BGM #著作権フリーBGMドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。