FavoriteLoadingお気に入りに追加

【モデルプレス=2021/02/23】女優の上白石萌音が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(毎週火曜よる10時)の第7話が23日に放送される。上白石演じる奈未をめぐる恋愛模様が描かれる。

◆“子犬系”潤之介VS“ドS先輩”中沢、恋のバトルに注目

本作は、ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公・奈未(上白石)がドSな鬼編集長・麗子(菜々緒)や運命的な出会いをした子犬系男子・潤之介(玉森裕太)に振り回されながらも、仕事と恋に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

先週放送された第6話では、編集部員として順調に成長しはじめた奈未の仕事現場に、撮影を担当するカメラマンとして現れた潤之介が、同僚の編集部員たちの前で「俺の彼女なんです」と交際宣言。

奈未が喜びのあまり心のスロー再生ボタンを押し、潤之介がその言葉をスローで言う空想が挟み込まれるというユニークな演出も話題に。

しかし、理緒(倉科カナ)と潤之介の曖昧な関係性に不安を抱く奈未は遥(久保田紗友)の前で涙してしまい、その姿を見た中沢(間宮祥太朗)が「あんたがそんなんなら、俺遠慮しないから」と潤之介に宣戦布告。

対する潤之介も「それ、どういう意味?」と言い去り、いつもの“ワンコ”とは違う表情を見せた。そんな2人の対峙にドキドキした視聴者が続出し、SNSでは「男同士のバチバチがたまらない」との声が相次いだ。

そして今夜放送の第7話では、さらに気になる展開に。潤之介と中沢の奈未への想いが交差し、奈未は子犬系男子だけでなく、ツンデレ先輩にも振り回されることに・・・!?奈未を巡る潤之介VS中沢の恋のバトルに注目だ。(modelpress編集部)

◆7話あらすじ

「MIYAVI」が廃刊の危機となり、麗子(菜々緒)は奈未(上白石萌音)と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京しアパートにやってくるが、そこに潤之介(玉森裕太)もやってきて鉢合わせに。潤之介が理緒(倉科カナ)と抱き合っているのを見てしまった奈未は、潤之介と話すことを拒否。母の真未(宮崎美子)は娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、潤之介を追い返してしまう。

一方、中沢(間宮祥太朗)や遥(久保田紗友)ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子も化粧品会社の磯辺社長(近藤芳正)を訪ねるため、同じ場所に行くことになり…。

そして、潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを再び訪れる。そこで困っている様子の奈未の父・義郎(橋爪淳)と遭遇し…。

【Not Sponsored 記事】 ニュース – 「ボス恋」“子犬系”玉森裕太VS“ドS先輩”間宮祥太朗、恋のバトルに注目

https://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/VSS.jpghttps://drama.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/VSS-225x150.jpgtsutomuオー!マイ・ボス!恋は別冊で【モデルプレス=2021/02/23】女優の上白石萌音が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(毎週火曜よる10時)の第7話が23日に放送される。上白石演じる奈未をめぐる恋愛模様が描かれる。 ◆“子犬系”潤之介VS“ドS先輩”中沢、恋のバトルに注目 本作は、ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公・奈未(上白石)がドSな鬼編集長・麗子(菜々緒)や運命的な出会いをした子犬系男子・潤之介(玉森裕太)に振り回されながらも、仕事と恋に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。 先週放送された第6話では、編集部員として順調に成長しはじめた奈未の仕事現場に、撮影を担当するカメラマンとして現れた潤之介が、同僚の編集部員たちの前で「俺の彼女なんです」と交際宣言。 奈未が喜びのあまり心のスロー再生ボタンを押し、潤之介がその言葉をスローで言う空想が挟み込まれるというユニークな演出も話題に。 しかし、理緒(倉科カナ)と潤之介の曖昧な関係性に不安を抱く奈未は遥(久保田紗友)の前で涙してしまい、その姿を見た中沢(間宮祥太朗)が「あんたがそんなんなら、俺遠慮しないから」と潤之介に宣戦布告。 対する潤之介も「それ、どういう意味?」と言い去り、いつもの“ワンコ”とは違う表情を見せた。そんな2人の対峙にドキドキした視聴者が続出し、SNSでは「男同士のバチバチがたまらない」との声が相次いだ。 そして今夜放送の第7話では、さらに気になる展開に。潤之介と中沢の奈未への想いが交差し、奈未は子犬系男子だけでなく、ツンデレ先輩にも振り回されることに・・・!?奈未を巡る潤之介VS中沢の恋のバトルに注目だ。(modelpress編集部) ◆7話あらすじ 「MIYAVI」が廃刊の危機となり、麗子(菜々緒)は奈未(上白石萌音)と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。 そんな中、奈未の家族が上京しアパートにやってくるが、そこに潤之介(玉森裕太)もやってきて鉢合わせに。潤之介が理緒(倉科カナ)と抱き合っているのを見てしまった奈未は、潤之介と話すことを拒否。母の真未(宮崎美子)は娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、潤之介を追い返してしまう。 一方、中沢(間宮祥太朗)や遥(久保田紗友)ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子も化粧品会社の磯辺社長(近藤芳正)を訪ねるため、同じ場所に行くことになり…。 そして、潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを再び訪れる。そこで困っている様子の奈未の父・義郎(橋爪淳)と遭遇し…。 【Not Sponsored 記事】 ニュース - 「ボス恋」“子犬系”玉森裕太VS“ドS先輩”間宮祥太朗、恋のバトルに注目ドラマ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。